ここで一句 「甘酒の スパークリングの 泡の音」 スパークリング甘酒って何?

突然ですが、「甘酒」って、夏の季語だそうですよ。
知ってました?
さむ~い冬に、あったかい甘酒、ショウガを少し溶かして飲むととってもあったまる・・・というイメージがありますが、江戸時代には暑気を忘れるための飲み物として夏に飲まれていたそうです。
IMG_20180609_195714.jpg
で、なんでそんなハナシかというと、先日、スーパーでこんなものを見つけちゃいました。
森永から発売された、スパークリング甘酒。
いやぁ、いつか出るとは思っていましたが、ついに出ましたね~。
「甘酒は飲む点滴」なんて言葉をよく聞いていましたが、夏は甘酒を飲む機会が少なかったですね。
でも、これなら暑い夏にくいっと行きたくなるかも。
IMG_20180609_200014.jpg
見た目はフツーにカルピスソーダっぽいですね。
でも、飲んでみると確かに甘酒。
しかも、米麹の味が濃厚。
微炭酸がちょっと心地よし。
甘酒とはいってもアルコール分はほとんど入っていないので、酔うことはないものの風味でちょっと酔いそう。
「ほとんど入っていない」というのは、酒粕を使用しているので1%未満のアルコール分があるらしい。
法的にはお酒ではないけれど、運転前や妊娠中、子供は注意が必要とのこと。
でも、これは飲みやすくて、甘酒苦手でもスッキリ飲めるんじゃないですかね。
夏を乗り切るためにスパークリング甘酒もいいかもしれないな~。


この記事へのコメント

ブログに登場した商品が近くのスーパー・コンビニ等で見つからない場合は、以下のサイトの検索をお試しあれ。

Amazon

楽天市場

セブンネット